コストを意識して住宅をつくっていく

“注文住宅は自由に建物の仕様を決めていくことが出来るので、理想の住まいをつくっていくことができますが、しっかりとコストを意識して設計を進めていかないと、かなり高額な住宅となってしまい、予算オーバーとなってしまうことがあります。


設計を進めていくプロセスで、しっかりとコスト管理を行っていくことが重要となり、途中で予算についてアドバイスをしてくれる設計者がいるハウスメーカーや設計事務所を見つけることが大切です。

住宅の仕様の中で大きなコストのウェイトを占める部分には、キッチンやユニットバスなどがあり、ハイスペックな商品を選んでしまうと、大幅にコスト増になってしまうことがあります。

魅力的な商品が多く、たくさんのオプションを付けたいと考えている人も多いですが、オプションを付ける際には優先順位を付けていくことが大切になります。
絶対に採用したいオプションをあらかじめ決めておくことで、仕様の取捨選択がしやすくなります。

ユニットバスも高額な商品が多く、浴槽の仕様などを良いものにするとコストが上がってしまいます。
また、ユニットバスではなく、ヒノキの浴槽などを選んでしまうとかなり高額なものとなってしまうことが多いです。
屋根の仕様や外壁の仕様についても、面積が大きいので、ちょっとした材料の単価の違いによって、大きくコストが異なってきてしまいます。
外装材の仕様はコストパフォーマンスを優先して選ぶことが重要となるでしょう。
その他にも住宅で想定外にコストが上がってしまう要因としては、地盤が悪いことによって、地盤の補強をしなけらばならないケースが考えられます。
杭などを打設することが必要となった場合には、その分、住宅の施工コストが高くなってしまうので、土地選びをする際には、地盤の状況等を確認しておくことも大切です。
また、高低差がある敷地に住宅を建てる場合、敷地に擁壁等を築造することが必要となるケースがあり、その分コストが高くなってしまいます。