階段が使いやすい

“注文住宅を作るときに、あまり注目をしない場所として階段があります。階段については、二階に上がる場所というそんなイメージがありますね。私の場合もそんなふうに思っていました。ところが考えて見ると、毎日使う階段についてしっかり考えて作ったら良かったと思っています。今の階段については、満足しているので良かったです。ここでは、注文住宅の私の家の階段について、どんなところが満足しているのかご紹介します。

・緩やかで上がりやすい
階段というのは、やっぱり一番考えたいのはなんといっても安全であることです。特に家の階段の場合は、そのことが重要ですね。そこで安全な階段とはどんなものかと思ったところ上がりやすいものがいいと思いました。その点、私の家の場合は緩やかに上がることができるので、そのことから安心です。降りるときも、安全であると感じます。

・木のぬくもりを感じられ
木のぬくもりというのは、とてもいいですね。日本人である私は木の家で育ったので、特に木の家が大好きです。特に階段の場合は、足に直接しっかり感じる場所であるので、木の階段で良かったと思っています。滑りにくい材質であるので、そのことでも満足しています。子供が親戚の家の階段で転んだことがありました。その階段は、おしゃれなモノだったもです。おしゃれな階段も魅力ですが、それよりも安心して使うことができる安全性を重視した階段が、もっといいと思っています。

・階段下を活用
階段下は、有効活用できるのでとてもいいです。しかも扉が付いていて、そこに収納したものは、外からみることができません。そのため、とてもスッキリした収納場所として役立っています。たくさんのものを入れることができるのでとてもいいです。しかも、そこには床下収納も作りました。床下収納には、保存食などを入れて有効活用することにしています。階段下は場所的にも便利です。”