キッチンの失敗を防ごう

“せっかく家を建てるなら「思っていたものと違った」といったような失敗はしたくないものです。キッチンは意外と失敗が多い場所です。家を建ててから後悔しないように、失敗例を確認しておきましょう。

●使いにくいパントリー
料理が好きな方、保存食を用意しておきたい方などは、たっぷり収納できるパントリーを作りたい、と考えるのではないでしょうか。パントリーがあれば、多くの食品を保管することができて収納に便利です。
しかし、大きすぎるパントリーは反って不便に感じてしまうことがあります。奥行きがありすぎると奥のものを取り出しにくくなってしまうのです。取り出しにくいものは存在を忘れてしまいがちで、賞味期限が切れてしまうことも。
置くまで見渡せる適当な広さのパントリーにする、引き出しをつけるなど、使い勝手がよくなる工夫を考えてみてください。

●床下収納が不便
床下収納も保管場所を増やせる便利なものです。しかし、キッチンマットの下になってしまう、かがむのがおっくうなど、何かと不便に感じる面もあります。通路が狭いキッチンでは、より不便に感じることでしょう。
床下収納を考えているなら、あまり使わないものを収納するなど使い方に工夫が必要です。

●滑りやすい床
キッチンの床をタイルにすると、水拭きできて掃除が楽なメリットがあります。しかし、タイルは滑りやすい素材で、油はねによってより一層滑りやすくなる危険性があります。滑り止め加工をしたり、キッチンマットを敷くなどの対応をして安全対策をしておきましょう。

●大きな窓によって食材が痛みやすい
大きな窓があると、光が入ってきてキッチンが明るくなり、手元が見やすくなります。換気にも便利です。
しかし、日差しが入って食材にあたってしまうと食材が傷みやすくなります。直射日光が当たらなくても、キッチンの温度上昇による傷みが気になります。
キッチンの窓は小さめにする、もしくは食材の保管場所を工夫するなどの対処をしましょう。”