戸建てを購入する際に注意したいポイント

注文住宅を10年ほど前に新築しましたが、建ててからこうすればよかったという点がいろいろと出てきました。すぐに建てたかったので、とりあえずそれほどこだわりもなくお任せで建ててしまったのですが、今思うと収納や電源などいろいろな点で不便が出てきています。

近所の工務店で付き合いがあるところにお願いしたので、広さの割に安く建ててもらえたのは良かったですし、リビングの床は天然木で壁は珪藻土という自然を感じることができる風合いも気に入っています。また、カウンターも大工さんにつくってもらって市販品とは異なる雰囲気を楽しむことができています。

ただ、暮らしているとどうしても家電が増えてきて圧倒的にコンセントの数が足りませんでした。リビングでパソコンを使う機会が多く、そのほかに調理家電もかなりありますし最近はスマートフォンやゲームの充電などもしたいので、もうちょっと多くつければよかったです。やはり、建てる前に何を使いたいのかをよくシミュレーションをして、必要な分かそれ以上に用意しておく必要があります。

収納も、リビングにたくさん作ったつもりでしたがあっという間に埋まってしまいましたし、やはり足りませんでした。次に建てるとしたら、玄関に入って靴のまま入れるクローゼットのようなものをつけたいです。アウターやブーツやキャンブ道具などを玄関に入って収納して置ける場所があればよかったです。

あとは、ロフトを作ったのですがロフトはあまり使っておらず逆に冷暖房の効率が下がるので、不要でした。住み始めてからのことを、よく考えて建てればよかったのですがなかなか子供の成長などもあるので考えが及んでいなかったです。

キッチンは、ローンでの支払いなのであまりこだわらず最小限にしたのですが、それは良かったと思います。最新の100万円以上のものを取り付けても、やはり古くなりますしうちはその半額くらいですが十分機能しているので、そのあたりでコストカットができたのは幸いでした。