坪単価の安いローコストでの注文住宅

“注文住宅の業者は全国たくさんありますが、多くの業者はインターネットでホームページを開設し、自社のアピールをしています。どれも魅力的な特徴を出し、業者のスキルやメリットを打ち出しています。ビジネスですので、それは当然のことですが、時々坪単価がとても安くて、ローコストで家を建てることができる、そんなフレーズを見ることがあります。できるだけ安く家を建てたい人には、かなり魅力的であり、興味をそそられるに違いありません。

坪単価が安くて注文住宅を建てることができる、ではどのようにしてそれを実現しているのかということですが、基本的にそのような家の場合には、デザインを凝ったものにすることはできません。家の外観も特徴のないもので、1階と2階の広さが同じ、建坪が同じという単調なものになることでしょう。また付いていると思っていたバルコニーなどは別費用つまりオプションになっているということも少なくありません。本当にシンプルでデザイン住宅というにはほど遠く、箱のような家というイメージかもしれません。

またそのような坪単価が低く、ローコストで建てられる家というのは、付帯工事費用が別になっており、地盤調査費やライフラインの本線からの新居への引き込み、その他外構関係の工事がすべて入っていません。それだけでも300万以上かかることが多く、結局かなりのローコストと思えるほどではないという気持ちにもなるかもしれません。このあたりには注意が必要で、ローコストでも業者はしっかりと利益が出せるように仕込んでいる部分があります。

それで、しっかりとした家づくりをしたいと思っているのであれば、安く家を建てることをアピールしている業者とは合わないかもしれません。坪単価が安いことにはやはり理由があるのであり、そのあたりをきちんと見極めるようにしましょう。業者選びは本当に難しいですが、焦らずじっくり、そして複数の気になる業者をピックアップして比較することが大切です。”