マイホームの環境で残念な点

“マイホームをつくる時に,どんなところがいいのだろうと真剣に考えていました。その結果、自分が望む環境である程度作ることができたと思っています。しかし住んでいると、やっぱりここは嫌だなとか不便だなと思うところもありました。全ていい環境のところを探すことは、無理があると思っています。ここでは、私の家の環境でしまったと思うことについて、ご紹介します。

・家の前が道路
家の前が道路のところはよくあることですね。それだけ便利ということが言えるのです。ところが私の家の前は、渋滞をしてしまうのです。信号が近くにあるので、狭い道路ということで渋滞となってしまいます。

すれ違う時にも、困ってしまうことが多く私の家のガレージのところですれ違いをするようになっています。そこを使わないでと言いたいところですが、周りの人たちがすれ違いで困っているところを見ると,そんなことも言えません。

しかも、渋滞をしている時にはなかなかそこから車を出すことができないのです。急いでいる時には、本当に困りイライラすることがあります。

・家の前にゴミが散乱
道路となっているので、いろいろな人が通る事があります。特に自転車でそのままお菓子等を食べながら行く人もいるみたいで、その前にお菓子のゴミを捨ててしまうのです。そんなことは許されないのですが、誰がしているのかわからないので注意をすることもできません。

・家の裏に溝がある
家の裏に溝が有り、その溝が家庭排水を出すところになっています。しかしその溝は、夏になると蚊が繁殖して大変なことになります。網戸を閉めていないと、たちまち蚊がはいってくるのです。外に出ると、蚊が追いかけてきます。蚊を払いながら、家の中に入ることもありそのことがストレスとなっています。

・向かいの家の木が邪魔
向かいの家にある木が、私の庭に入り込んでいます。家をつくる時には、そのことについて知らなかったのですがだんだんと大きくなり、葉っぱが落ちて困ります。”