注文住宅での建築条件付きの土地の購入

“注文住宅での家づくりで、土地探しは最も重要なポイントの1つで、これを間違えてしまうと、家づくりも満足できないものとなってしまう可能性があります。その点で建築条件付きの土地というのがあります。

建築するときには条件があり、それに従わないといけないというものです。当然注文住宅の場合には、自分の理想のデザインや間取りにしたいと思っているので、そこにそうした条件が付いてしまうというのは、いろいろとあとで問題を抱えやすいです。

とはいえ、そうした建築条件付きの土地というのは、デメリットばかりではありません。それはその土地の価格が低く設定されているということです。他のところと比べると明らかに安い、その意味でとても魅力的なのです。それに立地からしても住みやすいと思える場所かもしれません。ですから、この土地が欲しい、でも建築条件付きである、そのような状況のときにはとても判断に迷うことでしょう。

建築条件付きの土地というのは、いわば決められた建築会社があり、その建築会社の業者と契約を結ぶということです。つまり業者を選ぶことができないのです。そして一定期間内に、というものもあり、土地を購入したら家を建てるのはまだ先といったことができません。業者はうちと契約を結んでくれるならば土地を売ります、というものなのです。

もちろんその業者にスキルがあり、信頼できると思う部分があれば、契約をすることが最善と思えるかもしれません。とはいえ注意しなければいけないのは、だいたいそのような業者が作る場合、モデルがあり、そのモデルに沿って建てられていくということです。多少の自由はあるものの、いわば決定権は業者が握っているような状態になることが多いです。ということは、ここはこうしたいという提案を出しても、業者からすると面白くないと思えば却下される、予算が大きく上がります、そんなことを言われて諦めざるを得ない可能性があります。建築条件付きの土地の購入には十分注意が必要です。”