注文住宅で図面と違う施工がされているとき

“注文住宅で起こりがちな問題の1つが、言ったことと業者がやったことが違っている場合です。それが図面の中ではっきりしていればそれを指摘する必要がありますが、それは気持ちの良いものではありません。

業者がそれを認めてくれる場合には良いのですが、なかには渋る場合もあることでしょう。すでに施工されているのであり、それを外すというのは、業者としても避けたいという部分があるからです。

多かれ少なかれ、注文住宅ではこの手の問題が起こることがあります。業者のうっかりミスということもありますし、単にコミュニケーションの不足からこうしたことが起きてしまったということもあります。いずれにしても、業者側のミスであれば、特に図面と違うということであれば、それを直してもらうことができます。

ただその点で嫌なのは、修正することで、不安が増すということです。業者は渋々やるかもしれませんし、修正したことで、他の部分との兼ね合いがありますので、やや強度の面で不安になるものです。新品のはずが、訳ありのものが付いているかのような印象を持ってしまう部分もあるのです。

それで、いろいろなことを決めるのだから、多少の間違いは起きてしまうので仕方がない、それはそうかもしれませんが、あの時ああしていれば避けられたかもしれない、そのような思いにもなるものです。

それでコミュニケーションは本当に大切ですす、現場を見に行くこともそうです。業者としては次々と進めたいという思いが強いのでしょうが、それに乗っかってせかされるのではなく、あくまで確実に、ということを意識していきます。違う設備や商品、また位置が少し違うなどの問題が出てくると、ショックであり、業者への不信感が一気に増してしまいます。それを回避するためにも、話し合い、メモ、証拠となるものを残すということは極めて大切です。

問題がこじれると、最終的に裁判といったことにもなりかねませんので、注意が必要です。”