withコロナ時代に強いVR内覧について

コロナ禍の現代において、家づくりの強い味方となるのが「VR内覧」です。

withコロナ時代でも手軽に自宅から、VRによる内覧をすることができます。見学会等を、VR内覧会で済ませ、ZOOMなどのオンラインサービスを活用して担当者との打ち合わせをすることができる時代となりました。

そんな新しい生活様式で取り入れていきたい「VR内覧」のメリットについてご紹介します。

【時間を有効に使うことができる】

VR内覧やオンラインでの打ち合わせは、現地に足を運ぶ手間を省くことができるので、移動時間などを節約でき、時間を有効に使うことができます。

少しの時間で効率的に動けるということは、忙しい現代人にとって大きなメリットと言えるでしょう。

【感染症のリスクを軽減できる】

実際に住宅展示場へ行くと、様々な人が内覧に訪れていることがわかります。

コロナウイルスなど様々な感染症のリスクが懸念される現代においては、少しでも不特定多数の人と接触する機会を減らしたほうが良いでしょう。

特に小さな子供がいる家庭であれば、むやみに人混みのなか外出するのはリスクがあるため、VR内覧がおすすめです。

【複数の住宅を効率的に内覧することができる】

VR内覧なら、複数の住宅を効率よく内覧することができるの大きなメリットです。

マイホームで取り入れたいインテリアや、間取りのイメージをスムーズに収集できるだけでなくて、マイホームにおける構想のヒントも得ることができます。

各ハウスメーカーの展示についても、手軽に見て回ることができるでしょう。

また、ごり押しの営業マンを回避できるというのも1つの魅力です。ハウスメーカーの営業マンは、「何としても物件を買ってもらおう!」と思うがあまり、必要以上にユーザーに接してきますので、その際に、上手く断れる術がないと、言いくるめられてしまう可能性もあります。

そんな、面倒なやり取りを省くことができるというのもVR内覧の魅力かもしれません。